タッチクラス開催しました。

大型連休明けの9日月曜にタッチケア&サロン開催しました

今回は2組のママと赤ちゃんが参加、月齢4ヶ月の女の子とこの日にちょうど5ヶ月迎えた男の子のリピーターさんです。

タッチケアの基本として、「快を伝えること」「ママが万能の掌をもつ事」を意識しながら、

のんびり、ほっこり、ゆっくりまどろんで行えました。

ケアのオイルを側に置き、準備ができたらまずママの掌のケアから。手首や肘肩、肩甲骨を回してほぐします。

お家に帰ってやるべき家事のストレス数々を両肩から荷下ろしするイメージで、両腕を肩上から振り下ろしてドサーっと身軽になりました。

これだけで、ママの腕と手の平の血行がよくなり、ふっくら、温かな魔法の手が出来上がります。

今日は手軽にケアできる下半身、オムツ替えの時にでも、ちょっとひと手間の両足とお尻のマッサージをオイルを使って行いました。

便秘や腹の冷え、足首や指をほぐして、大きくなっても転びにくい体つくりのヒントもお伝えできました。

ケア後のおっぱいタイムでひと息ついた後、赤ちゃん二人でうつ伏せのお遊びしながら、お見合いごっこでおしゃべりしました。

ハイハイのちょっと手前、うつ伏せで四肢を浮かせて練習するだけで、背筋の発達促進できるポーズです。

二人は目と目を合わせてニッコリ喃語で楽しく意思疎通、ちゃんと会話してました。

黒豆茶をいただいて、ちょうど始めたばかりの離乳食や、連休中の帰省先でのお話など、井戸端会議も致しました。

日常のママ達のちょっとした気掛かりをお話ししながらいろんな解決策を、そのご家庭ならではの方法で、

もちろん、赤ちゃんの個性を尊重しながら、探っていくのも育児の楽しみですね。 文章 大塚

このページの先頭へ▲