ひな助産院について

スタッフ紹介

助産師

斉藤 吏香

斉藤 吏香(さいとう りか) 日本助産師会会員

1966年生まれ。B型
准看護師として産科の病院に5年勤め、進学。
看護学校、助産師学校と進み2000年に助産師となる。
卒業後、総合病院の産科に勤めるが、助産師としてもっとできること はないかと総合病院を退職し、助産院へ修行に出る。
助産院でたくさんのことを学ばせていただき2007年に出張開業助産師 として踏み出す。
2012年6月、新たに有床助産院を開院する。

サポートスタッフ

出産の際は、助産師2人もしくは3人でお手伝いします。
こちらでは、出産をお手伝いしてくれる助産師の皆さんをご紹介します。

佐々木美幸さん

佐々木美幸さん(愛助産院

辻川さん

辻川さん

古川さん

古川さん

高橋公代さん(高橋助産院)

高橋公代さん(高橋助産院

戸村さん

戸村さん

育児サポーター・大塚さん

育児サポーター・大塚さん

ご案内

料金について


健診から出産後までをサポートさせていただきます。

診療時間

・・・・・

月曜日~金曜日 AM 9:00~11:30 PM 13:00~16:30
休診日 土・日・祭日
※緊急時はこの限りではありません。

妊娠健診

・・・・・

初診6,000円、再診5,000円(妊婦健診公費負担券は直接使用できません。
分娩後、お住まいの市区町村で償還払いとなります。)

母乳相談 

・・・・・

5,000円

病院同行料

・・・・・

1,000円

分娩費用

・・・・・

入院分娩 50万~、 自宅分娩 40万円~
(夜間、祝祭日のお産の場合は金額がかわります。)
出産費用の直接払いを使用できます。

*自宅訪問、自宅出産等ご自宅に伺う場合は出張料金と交通費(実費)がかかります。

*メール、FAXのお問い合わせに関して。
原則診療時間外にいただいたお問い合わせに関しては、次の日の診療時間内に返事をさせていただきますので、
対応に時間がかかることもあります。ご了承ください

ご相談もお受けしています

出産後の母乳相談、育児相談やベビータッチケアなどもおこなっています。
出産以外のご相談もお受けしておりますので、お気軽にお問い合わせください。

安心して赤ちゃんを迎えるためのお手伝い

ひな助産院の「ひな」はハワイ語で“月の女神”を意味しています。
女性の体と月の満ち欠け、からだのリズムはシンクロしていると言われています。
現代の女性は、男性と同じレベルで働くような方も増えており、
規則正しい生活や自分のからだをいたわることのできない女性が増えています。
元気で丈夫な赤ちゃんを産むには、まず自分のからだを健康に保つことから。
からだの中で育っていく赤ちゃんを守ってあげられるのは命を宿したご自身です。
妊娠中のからだを大事にして、喜びの時を迎えましょう。

 安産を目指すために 

1. 規則正しい生活を心がけましょう。
2.栄養のバランスのとれた食事をとりましょう。特に貧血にならないように。
(赤ちゃんの体を作るのは妊娠中の方の食事です。)
3.体を冷やさないようにしましょう。(冷たい飲み物、生もの等)
4. 適度な運動をこころがけましょう。
(産後は24時間体制で赤ちゃんの育児が始まります。)
5. お腹の赤ちゃんによく話しかけましょう。パートナーの方にも話しかけてもらいましょう。
コミュニケーションが大事です。
6. 楽しく過ごしましょう。
7. 目を酷使しないように。
8.パートナーと仲良くしましょう。

おすすめの本

アクティブ・バース・・・・・ジャネット・バラスカス

プライマリィヘルス・・・・・ミシェル・オダン

おぼえているよ ママのおなかにいたときのことを・・・・・池川 明

胎内記憶・・・・・池川 明

水は答えを知っている・・・・・榎本 勝

自然療法・・・・・東城百合子

リンク

このページの先頭へ▲