Tさん H27 年 3月 オープンシステム

Tさん H27年3月 オープンシステム ママ体験談

 今回は初めてのお産で、最初はNICUがある家の近くの病院で出産予定でした。

 ただ、出産について調べていくうちに、助産院という存在を知り、自然なお産をしたいという気持ちが強くなり、ひな助産院さんを知りました。

 

中期まで、前置胎盤気味と診断されていたので、途中までは病院に健診に通っていましたが、助産院への転院がギリギリOKな時期に胎盤の位置が正常になったので、即、ひな助産院さんに転院しました。

 自宅出産を希望していましたが、週数が遅い時期に転院したのと、初産なので、家族の理解も得られるように、オープンシステムを選択しました。

 助産院での健診や、病院での付き添いを通して短い期間でしたが、お産や赤ちゃん、身体の事、とても勉強になりました。

健診でのお灸や、自宅で出来るケアを通して、出産までの短い期間でしたが、体を整えることができました。

 出産日当日、真夜中に陣痛が始まった事に気付かずに朝6時に目が覚め、午前8時には本格的に始まりました。

 本格的に始まり暫く様子を見て、これは本番かもと思い、斉藤先生に電話し、先生のご判断で自宅まで来ていただく事が出来ました。

先生が到着時には、8センチ開いていたようで、直ぐに葛飾日赤まで連れていっていただきました。

電話口では待機するかどうか迷っていたのですが、先生の的確な判断により、産まれる前に病院に到着する事ができ、2時間半後に出産しました。

 病院に到着後、畳の部屋に通され、佐々木先生、辻川先生にもサポートいただき、態勢をかえながら出産に臨みました。

途中、背中をさすっていただいたり、花粉症気味で鼻づまりだったので、アロマオイルの香りでケアをしていただいたり、声を掛けていただいて心強かったです。

 お陰様で、初産にもかかわらず、また、出産当日までパソコン仕事を長時間していましたが(絶対にお勧めしません)「あ、これはいつもと違う痛みかな?」と思ってから6時間後、病院についてから2時間半後に元気な男の子を出産しました。

 出産当日は一晩、葛飾日赤に入院し、翌日以降は助産院でお世話になりました。助産院でのご飯はとても美味しく、至れり尽くせりでした。お手洗いに行きたいけれど子供が泣いている時に見てくださったり、初乳から母乳がキチンと出るようサポートいただいたり、授乳でカロリー消費して夜中にお腹が空いた時におにぎりを握ってくださったりしました。

 また、臍帯を入れる木の入れ物、素敵な台紙に足型をとってくださったり、記念に残るようにもお心遣いいただきました。

 斉藤先生のお陰で、自然なお産を体験でき、自分で産んだとの自信に繋がりましたし、薬を使わず自然に産まれたので、子供にとっても良い人生のスタートを切ることが出来たと思い、感謝しています。

 また、ママ友と出産時についての話をした際、切らずに出産をしたという話は初めて聞いたと言われ、切られて納得いかなかったと言っていたので、自然に産むことが出来て良かったと思うと同時に、もっと早くにひな助産院さんの事を教えてあげる事が出来たらなと思いました。

 現在息子は1歳7ヶ月。疲れても体調が悪くても笑顔を見せてくれる、明るくて人懐っこい、保育園のクラスでも一番の人気者の元気な男の子です。

 息子は、途中から麻酔を使って産まれてきた子よりも表情豊かな気がします。出産時にキチンと出るべきホルモンが出たお陰か、また、そのように産まれてきたお子さんのお母さんがたよりも、子供との絆が強く、性格が合うかなとも感じます。

 現在は少し遠方に引っ越してしまったのですが、もし元の家のままであれば、迷わずにまた、ひな助産院さんにお願いしていました。

 産前、産後のサポートをしてくださった先生方に感謝いたします。

 

 

このページの先頭へ▲